元カノのチョコを奪い合ってたら結局今カレが最強だった件 『チョコレートシーフ』 レビュー

皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村 リク(@alfbds0954)です。

いよいよ近づいてきましたね。バレンタイン。
text_season_valentinesday.png





皆さまはバレンタインはどう過ごされるのでしょうか。恋人と甘いひとときを過ごす方や、「おれはその日だってダイスを振っているぜ!ヽ(`Д´)ノデュワッ!」なんて硬派な方もいらっしゃるかもしれません。

バレンタインデーは大切な人にチョコレートを送る日ですが、意外とボードゲーム業界でも、チョコレートを題材やタイトルにしたものってあったりしますよね。

様々なシチュエーションをこじつけとヒラメキでくぐり抜ける『キャット&チョコレート』


チョコの並び順を推理するパズルゲーム『チョコレート・フィックス 』だったり


そんなバレンタインにちなんだ中でも、今回はこちらのゲームをご紹介したいと思います。

『チョコレートシーフ』
IMG_3541.JPG
【ゲーム概要】
プレイヤーはトモミの過去の男となり、手作りチョコレートを奪い合う。


プレイ人数:2人
プレイ時間:5分
対象年齢:8歳以上



2人専用のゲームで基本的にはバッティングカードゲームに当てはまると思うんですが、テーマがなんか重い!
お互いが元カレって・・・ 

IMG_3541 - コピー.jpg
元カノのトモミ。可愛い感じと女性のしたたかさを感じます(;゚д゚)ゴクリ…

プレイヤーは手札カードを受け取り、場には得点となるチョコレートカードを並べます。チョコレートカードは5枚あり、1枚1ランドとして、5ラウンド戦います。
プレイヤーはお互いの手札から、一枚選び自分の前に伏せてセット。2人とも伏せたら一斉に公開し、基本的には数字の大きいプレイヤーが勝利となり、そのラウンドのチョコレートカードを獲得。この流れを5回繰り返しながら、場札のチョコレートカードを奪い合います。

IMG_4106.JPG
プレイヤーカードは『未練カード』という名前。トモミに対する未練を象徴するかのように背景には嫉妬の炎が描かれています。下段に書かれている『良心』ポイントが後述する得点計算で重要になってきます。
裏側に書かれているモノトーンのトモミが印象的です。

IMG_4104.JPG
ラウンドで奪い合うチョコレートカード
おそらくトモミの手作りなのでしょう。点数が高くなるにつれて、作るのに手間と時間がかかるような感じがします。


5ラウンド終了すると、チョコレートカードの得点を合計するのですが、その点数から未練カードに書かれている良心のポイントを差し引いたものが最終得点です。最終得点が多い方が勝利となります。

しかし、結果の値が9以上になると、チョコレートを食べすぎたことによる食あたりになってしまいバースト!敗北となります。

ちなみに最終得点が同じ場合はどうなるかというと、トモミの今カレが勝利します。

そう、トモミの今カレが勝利します。

お前彼氏いたんかい!!!

しかもこの彼氏は、最終ラウンドでプレイヤーが獲得できなかったチョコレートを総取りするんです!また、胃が鉄でできているらしく、総取りしたチョコレートカードの合計点数が9を超えても食あたりを起こしません!

これが今カレの余裕やで(;・`д・́)ゴクリ...

ルールはこんなにもシンプルなんですが、実際にやってみるとバッティングカードゲームらしく、相手のだしてくるカードを予想しながらプレイするのが楽しいです。加えて最終的に得点を9未満に抑えなくてはならないので、調子に乗ってラウンドを制し続けるとすぐにバーストしてしまします。

そこで仕組みを逆手にとり、相手にチョコレートカードを押し付けてバーストさせるのも作戦の一つとなってきます。序盤劣勢になってしまったら思い切って方針を変えてみるのも手かもしれません。

そんな感じで1ラウンドごとに手に汗握る展開になること間違いなしなこのチョコレートシーフ。
お互いチョコレートを持ち寄って、本当にチョコレートをかけて勝負するのもいかがでしょうか。
食あたりには気を付けて!m9っ`Д´)ビシィ!

チョコレート・・・食べたい・・・誰か・・・
valentine_dokidoki.png

この記事へのコメント

人気記事